MENU

求める人材を得る方法

男女

必要な手続きを踏む

企業の面接に外国人の方が訪れた場合、アルバイトとして雇う前に確認したいことがあります。まず重要なのは適切な資格を持っているかどうかの確認です。外国人の方が海外に行くには在留資格が必要です。留学や特定活動など日本に来ている目的によって提出してもらう書類が変わりますので、面接時に持って来てもらいましょう。またアルバイトとして雇いたい方が留学生であれば、資格外活動許可をもらっているかチェックします。資格以外にも重要なのが勤務の時間です。学生さんは一週間以内で働ける時間が決められています。専門学校生や研修生など留学生の区分に応じて変化しますから、面接時にそちらも考慮しましょう。外国人のアルバイトを雇う際に気になるのは待遇や時給の設定ですが、日本人と同様にするのが常識です。外国人の方にも日本人と同じ労働上の法律が適用されますから、母国の貨幣価値などは考慮せず時給を支払いましょう。アルバイトとして雇う際に重要になるのは語学レベルです。求める水準が日常会話程度なのかビジネスレベルなのか、求人広告を出す段階で明記しておくと良いでしょう。また免許資格が必要な場合、日本人と同じようにこうした条件も併記できます。あまり日本文化に馴染みのない外国人の方に研修がしたい場合、外部企業を活用してビジネスマナーの講座を開催してもらうと良いでしょう。こうした講座では電話の応答から訪問先での振る舞いまで細かくレクチャーしてくれます。