MENU

第三者からの視点を利用

アンケート

統計に基づく判断

企業の会社を継続させていくときには、良い時期も上手くいかない時期も訪れるものの、従業員が勤勉に働き続けることで、それなりの結果を出すことができるものと考えられています。企業は人で成り立つものであり、従業員を大切にすることで、その見返りは会社に返ってくるとも考えられており、従業員が気持ちよく働く環境を整えることは、経営をするにあたっては大事なことの一つといえます。しかしながら、経営者が従業員に今の仕事に満足しているか、という質問をしたとしても、不平不満も含めて、本当に思っていることを伝える従業員はいないものです。利害関係のある上司に質問された場合、率直な意見を伝えることには相当な勇気を伴い、自社内で従業員満足度を量ることは難しいことといえるのです。こうした現状を受け、各企業から第三者の視点で従業員満足度を調査、分析する業者が登場し、さまざまなノウハウを使って、請け負っています。従業員調査はアンケート方式が用いられることが多く、その内容を独自の統計処理することにより、従業員がその企業に対する印象をあぶりだすことができるのです。従業員満足度というものは、目に見える形としての仕事に対する報酬を上げていくことだけで変わるものではなく、そこにはやりがいという要素が加わってきます。それだけにちょっとしたことで変わる可能性のある従業員の気持ちをしっかりととらえてくためにも、従業員満足度調査は大きな役割を果たす可能性があります。